目次です

各項目のリンクから1ページ目の記事に飛びます。
全記事一覧は、メニューの[サイトマップ]からご覧いただけます。


スポンサーリンク

2019年03月29日

スキーインナーはどうする?上から下まで着膨れなしで暖かく動きやすいインナー



今回は、スキーをする時のインナーです。

スキーやスノボは全身を使うスポーツです。
慣れていない方は、寒いだろうと何枚も着込みがちです。
厚手のものを重ね着すると動きづらいし、汗冷えするし、着ぶくれして格好悪いしと全く良い事がありません。

スキーウェアの下は、なるべく薄く暖かいものが理想です。
薄くて暖かい機能性インナーは値段がネックです。
今回もそれほど高くない範囲で私が使えると感じたものを紹介します。

オススメのスキーインナー

スキーをする際のインナーは、本当に悩むと思います。
スキーウェアの厚さや機能によっても適したインナーは変わりますし、天候や気温によっても変わります。
どれくらいの寒さに耐えられるかも人によって違います。

ご紹介するのは私のパターンなので、人によっては暑いとか寒いと感じるかも知れません。
あくまでも1例として見てください。


まずは頭部から!


頭はニット帽という方が圧倒的に多いと思います。
スキーやスノボで使うニット帽は、ビーニーとも呼ばれます。
呼び方が違うけど、どちらも同じニット帽子を指す言葉です。

スキー・スノボのニット帽とタウンユースのニット帽に大きな違いはありません。
タウンユースの春秋用は生地が薄めな商品が多いので、寒いスキー場では冬用の厚手ニット帽が良いと思います。

スキー・スノボ用として売られている中には裏地付きのニット帽があります。
外側はニット、裏地はフリースという二重構造になっています。
防風、防水機能のある高機能裏地付きのニット帽もあります。

裏地付きの方が断然暖かいですが、通気性が悪くなるので暑いと髪がびっしょりになります。
透湿性のある生地を裏地に使っているニット帽もありますが、大して透湿してくれません。
それでも暖かい裏地付をおすすめします。
汗で髪が濡れるのが嫌という理由で薄めのニット帽を使う方も居られますが、寒がりな方は薄手のニット帽は耐えられないと思います。
寒いと頭が痛くなってくるので、私は裏地付きを使ってます。

ネックウォーマータイプのニット帽もあります。
筒状になっていて湿気が上から逃げるので髪が濡れずに済むようです。
サイズが合わないと綺麗に被れないみたいですけど、選択肢としてはアリだと思います。
私は使った事が無いので何とも言えません。

ニット帽は、スキー用じゃなくてもデザインが気に入ったのを選べば良いと思います。
気温や天候によってニット帽を変更できたらベストですけどね・・・

因みにニット帽は手洗いが基本で、干すときは平干しです。
洗濯ばさみで吊るすと伸びてゆるゆるになりますよ。

ニット帽の他に、顔用のスキーマスクも必要だと思います。
スキー場は、雪面からの反射が凄いので曇ってても日焼けします。
晴れた日の夕方は顔が焼けで痛々しい若者を良く見かけます。
日焼けしたい方でなければ、日焼け止め+スキーマスクは必須です。

マスクは日焼けだけでなく、雪でも活躍します。
雪の時にマスクが無いと雪が顔に当たって痛いです。
大きめなネックウォーマーを鼻まで上げるのも手ですが、口から吐き出された息が鼻の横から上がってゴーグルが曇る原因になります。

スキーマスクで人気なのが、ドレゲンのフェイスマスクです。
ドレゲンは、埼玉にある株式会社大雪屋というところのフェイスマスクブランドです。
ドリンクフラップが付いているので、飲み物を飲む時にマスクを外さずに済みます。
一般的なスキーマスクと違い口が生地に覆われないので息がしやすい構造です。
鼻部分にノーズパッドが付いており鼻の横に出来る隙間を埋めてくれるので、口からの湿った空気が下に排出されてゴーグルが曇りづらいです。
首部分の布が長過ぎるのはいただけませんが、人気のあるマスクです。
価格が4,000円以上なので、マスクとしてはややお高い商品です。
安いドレゲンのマスクもありますが、ノーズパットが無かったりドリンクフラップ構造が無かったりします。

同じ構造で安さを求めるならアルペンのプライベートブランド、キスマークです。
ドリンクフラップやノーズパッドなどの構造がほぼ同じです。
ドレゲンより少しだけドリンクフラップの開き方が狭いと思います。
首部分の布が控えめな長さで邪魔になりづらいです。
ドレゲンのパクリ商品のような印象で生地もチープですが、1,500円前後という安さを考えるとお買い得な商品だと思います。

スポンジタイプで口に穴が開いているスキーマスクもあります。
これのMサイズを以前使っていました。
折りたためばウェアのポケットに入るサイズになるので携帯性が良いです。
鼻と口からの息もゴーグルに入りづらくなってます。
フィット感も申し分なしですが、息苦しいのが嫌で使わなくなりました。

ヘルメットも持っていますが、スキーではあまり使ってません。
荷物が増えるのが嫌で出番が減ってます。
安全を考えたらニット帽よりヘルメットですけどね・・・
子供には危険性を説明してヘルメットを着用させてます。

推奨は大人も子供もヘルメットです。
海外ではスキーもスノボもヘルメット着用が基本なので、外国の方は日本のスキー場でもヘルメットをされている方が多いです。
欧米ではヘルメット義務化の流れもあるようです。
国内のスキー場も稀にヘルメットが無いと滑れないコースもありますが、まだまだヘルメット装着率は低いですね。

初心者がリフト降り場で転び、リフトの椅子に頭をぶつけているのを何度も観てます。
小さい子を連れたお母さんが危険を感じて「止めてー!」と叫んでるのに止めてもらえないケースも見ました。
リフトを見ていない糞リフト監視員が多いので自分の身は自分で守らねばなりません。

また、人同士の衝突事故も少なからずあります。
ちょっと滑れるようになった方が方向転換も止まれもせずに突っ込むパターンが多いかな。
勢いよく突っ込まれると足元をすくわれる形になるので、頭から雪面に落ちます。

パークに行くのにヘルメットやプロテクター無しは自殺行為です。
実際やばい事故現場に居合わせた事もあります。
万が一の事を考えるとヘルメットは決して高くはありませんよ。
マジで。

ヘルメットをする時は、バラクラバ(目出し帽)を使ってます。
幾つか使った中でお気に入りは、ドレゲンのバラクラバです。
今シーズン初めに追加購入したので詳細を載せておきます。

バラクラバ
凄くシンプルな構造のバラクラバです。
モンスターインクのマイクみたいな目玉が印刷された厚紙が入ってます。

鼻と口の部分がメッシュになっていて、とても息がしやすいです。
吐き出した息が引っかかりなくメッシュを抜けてくれるので、湿った空気が鼻の横から上がらずゴーグルが曇りにくいです。
メッシュがそこそこ荒いので気温が低いと口元に寒さを感じるものの、私は息苦しいのがダメなのでこれくらいメッシュで丁度良いです。
メッシュ部分にマジックテープがくっつかないようにしましょう。
バラクラバ 口元

素材は、ナイロン80%、ポリウレタン20%、口部分はポリエステル100%です。
洗濯表示によると、水温30℃までで弱いモードなら洗濯機が使えます。
それほど強い素材ではないので手洗いの方が繊維に傷が付きにくいと思います。
バラクラバ 洗濯表示

生地は薄くてよく伸びる素材です。
被るとバラクラバが首回りまで覆ってくれますが、生地が薄いので気温が低い時は別でネックウォーマーを用意した方が良いと思います。
ごくごく普通の目出し帽形状なので、ニット帽とも合わせられます。
ネット価格は、2,500〜3,000円くらい。

私が購入したのは、模様の無いシンプルなAMOTT TYPE-Cという目玉が緑色のものです。
新モデルは型番が更新され、多分TIPE-Dのam150508が近い形状と思われます。

ドレゲンの商品は、ほかより少し高いところがマイナスです。
もう少し安ければなぁ。


上半身はファーストレイヤーが大事


上半身は、肌の上に着るファーストレイヤー、その上に着るミッドレイヤー、そしてアウターにスキーウェアというのが一般的です。
ミッドレイヤーは、ミドルレイヤーまたはセカンドレイヤーとも呼ばれます。
私も基本はこの3枚で、特に寒い時はミッドレイヤーをフリース素材のものにしたり、1枚プラスで薄いのを重ね着します。

上半身のインナーは、ファーストレイヤーがとっても大事です。
ユニクロのヒートテックを着ている方も多いと思いますが、価格面でメリットはありますがオススメはしません。
理由は、汗の乾きが遅すぎるから。
スキー場は気温が低いので、汗がすぐに冷えて寒さを増大させます。
汗をかいたら直ぐに着替えるならヒートテックもアリです。

私は着替えるのが面倒なので、モンベルのジオラインを使ってます。
これ優れものですよ。
モンベル ジオライン

ジオラインはアウトドアスポーツのインナーとして定番の商品です。
汗をすぐに吸うので汗冷えを抑え、速乾性によって蒸れにくい高機能素材の肌着です。
EXP.(エクスペディション)が厚手、M.W.(ミドルウェイト)が中厚手、L.W.(ライトウエイト)が薄手になります。

モンベルの店員さんは「アウターを含めて3枚しか着ないならM.W.がオススメです」と言ってました。
私は汗っかきなので、速乾性に優れたL.W.を使用してます。
寒ければ何か重ね着すれば良いし、L.W.なら出費も抑えられます。

L.W.は、生地が透けるほど薄いけど暖かさを感じます。
汗でシャツが肌にへばりつく事が無くなり、1日中快適に滑れます。
素肌で着てもチクチクしません。
繊維に銀イオンを発生させる成分を練り込んであるらしく、汗の匂いもつきにくいです。
洗濯しても30分くらいで乾くので連泊スキー時に汚れが気になっても、夜サッと水洗いするだけで翌日問題なく使えます。
寒がりな方はジオラインのM.W.でも良いと思いますが、価格が少し上がります。

それならいっそのことスーパーメリノウールにしても良いかも知れません。
スーパーメリノウールも、EXP.、M.W.、L.W.の3段階の厚さがあります。
ジオラインより少し高くなりますが、暖かさはジオラインより上です。
寒がりな奥さまは、スーパーメリノのL.W.で「これ暖かいわ〜」と申しております。

モンベルはセールで安売りをしない強気なブランドです。
量販店にはあまり置いていませんが、あっても微妙な値下げしかありません。
ネット通販店でも取り扱いが少ないです。
モンベル直営店ならサイズと種類が揃っています。

直営店には試着品があります。
ジオラインは良く伸びる素材なので1サイズ小さくても着れると思いますが、ぴっちりしたのが嫌とか余裕が欲しいという着心地の好みもあると思います。
少し袖が長めに作られていますので、その確認の意味でも店頭で試着してみましょう。
試着用のシャツが無くても店員さんに言えば商品を開封して試着させてもらえます。
試着はTシャツの上からになるので、薄めのTシャツを着て行くと話が早いです。

私は普段Lサイズの服を着ていますが、ジオラインはMサイズでも行けます。
密着感が好きならSサイズも行けなくはないです。
私は肌への密着があまり好きではないので多少余裕のあるLサイズを使ってます。

モンベルのファクトリーアウトレットが全国に何店舗かあるので、そこなら少し安い価格で手に入ります。
ただ、アウトレット品の数は少ないと思います。

モンベル公式ページにオンラインショップがあります。
その中にアウトレットコーナーがあるので、そこでも少し安く購入できます。
時期によって商品が無いこともありますが、覗いてみても良いでしょう。

モンベルのインナーウェアは色落ちします。
かなり色落ちするので、購入して数回は手洗いしましょう。
スーパーメリノウールの青色は、水が青くなるくらい色落ちしました。
色落ちでウェア自体の色が薄くなる事はありませんが、白い服と一緒に洗うと染まる可能性があるので気を付けてください。

汗冷え対策最強と言えばミレーのドライナミックメッシュです。
スケスケ感ばっちりでちょっと恥ずかしい見た目ですが、真夏でも使える網シャツです。
汗を肌に残さず、肌を乾いた状態でキープしてくれます。
ランニングする方などにも人気です。
ちょっとお高いですが、それだけの機能性があるようです。
汗が流れるくらいの運動時に適していると思われます。
メッシュが大きいのでスキー場で使うと寒そうですが、使っている方に聞くとそれほど寒く無いとの事でした。
金額的に厳しいので私は購入していません。

ジオラインもミレーも高機能素材なので安くはありません。
安く済ませたい方はアウトドアチェーンのオリジナルブランドで安価な吸湿速乾機能付きのアンダーウェアがあります。
少し寒いと思いますが、サラリーマンがワイシャツの下に着る吸湿速乾を売りにしたアンダーウェアも使えます。
安くても吸湿速乾性アンダーウェアの快適性は大きいですよ。


下半身もプロテクターがあった方が安心


下半身インナーとしてスパッツを履く方も居ますが、何も履かない方も少なくなりません。
下半身は暑さや蒸れよりも、寒さ対策や怪我防止目的で何かを履くケースが多いと思います。
インナーに何か履くなら、動きやすく吸湿透湿性があるものを選びましょう。

私はスノボで使っていたヒッププロテクターをスキーでも使ってます。
今は型落ちになっているのでお安く買えます。
タイツ内部に口がゴムになっているポケットがあり、そこにパットが収納されています。
パットを全て取り外せば洗濯が可能です。

ARKとノースピークのプロテクターも使った事がありますが、エビスはお腹のゴムがきつくないのが良いです。
緩い場合は、スウェットパンツのように腰にある紐で締められます。
お腹周りが気になるご年齢にも良いですよ(笑)

春スキーのアイスバーンでもヒッププロテクターを履いていると安心です。
コケても痛くないとは言いませんが、痣ができにくいですし、多少は怪我の防止になります。
このプロテクターは、本気じゃない方向けの簡易プロテクターって感じなので一般人向けです。
本気用にはもっとしっかりしたお高いプロテクターがあります。

プロテクターをしてると下手に思われるのでは?と考える方が居るかもしれませんが、何か言われたら「下手くそなんですよ〜」と言っときましょう。
そして軽〜くぶち抜いてやりましょう(笑)
プロテクターに下手も上手いもありません。
経験が多い方ほど怪我の怖さを知っているのでプロテクターを着けてます。

ヒッププロテクターはどのメーカー製でも良いと思いますが、パッドは3層以上でなるべく厚いものが良いでしょう。
パッドに穴が開けられているなど、通気性に工夫がされていると蒸れにくいです。
関節部分のパットは幾つかに分割されている方が曲げた時の負荷になりにくいです。

これらのプロテクターはほとんどがスノーボード用です。
スキーはパッドが硬くて厚すぎると動きづらくなるので、ゴツ過ぎるのは向かないかも知れません。
スキーは横にコケる事が多いので、お尻より太ももの横と膝のプロテクトを重視しましょう。

タイツタイプのプロテクターに使用されているパットは洗濯不可が多いので、パットの取り外しがしやすい構造が良いです。
パッドが取り外しできないプロテクターもあるので、買う前に洗えるかを調べましょう。
パットの取り外しができない方がパットがズレないと言われますが、取り外し可能なプロテクターでもズレた経験は殆どありません。
洗えないプロテクターは不衛生なので止めといた方が良いでしょうね。

プロテクターは店頭での取り扱いが少ないので色々なものを試着するのは難しいです。
しかし、メーカーによって履き心地が全然違うので可能なら試着してから購入しましょう。
シーズン前になると店頭でも取扱い種類が増えますが、店は系列によって取扱いメーカーが異なります。
私が行った中では、東京の神田にあるスキー街がいちばん種類がありました。
街のスポーツ用品店は試着がダメな店も多いですが、神田は逆で試着できる店舗が多いです。

下半身の1番下はソックスです。
ソックスに関しては、前記事をご覧ください。


インナーをケチると寒いよ


インナーに少しお金をかければスキー場で快適に過ごせます。
見た目に直結するアウターにお金をかけたい気持ちも解りますが、私はインナーこそケチらない方が良いのでは?と思います。
インナーによって暖かさが全然違いますよ。

インナーにはそれほど流行り廃りが無いので長く使えます。
ジオラインは夏に汗でベタベタになるのが嫌で使っている方も居るそうです。
高機能素材はマジックテープに弱いものが多いのと、化学繊維で色落ちすることに気を付けましょう。

ミッドレイヤーは安いフリース、トレーナー、スウェットなどで代用できます。
空気の層を作る意味でユニクロの薄いダウンを着ている方も居ます。
ミッドレイヤーも透湿性が高い方が良いですが、寒さを凌げればどんなものでも使えます。

おっさん臭くてダサいけど、個人的にはこういうハイネックのジップアップシャツ(所謂スキーシャツ)が1番かな。
スパイダーやバートンなどの高級ブランドは高いですが、ミズノやデサントなどの国内メーカーなら3,000〜4,000円で手に入ります。
ミッドレイヤーは少し厚みが欲しいところです。
薄い生地で作られていないか、現物を手に取って生地の確認したほうが良いです。

スポーツショップのオリジナルブランドに2,000円前後の激安スキーシャツがあります。
安くて薄いのでダメ元で買ってみたら、意外と暖かくて使えるやつでした。
最近のオリジナルブランドは侮れません。

吸湿透湿素材のインナーで寒さに負けない快適性を手に入れましょう!

posted by ユージュー at 04:45 | Comment(0) | アウトドア スキー&スノボ