目次です

各項目のリンクから1ページ目の記事に飛びます。
全記事一覧は、メニューの[サイトマップ]からご覧いただけます。


スポンサーリンク

2018年11月08日

ダイソンV8fluffy+の付属品全部を収納できるオススメの掃除機用スタンド



ダイソンと言えば壁掛けです。
しかし、我が家は賃貸で壁に穴があけられません。
今回は、DIYで何とかする方法と使い勝手の良い掃除機用収納スタンドを紹介します。

ダイソン スタンド

ダイソンは壁に掛けた方が邪魔にならず使い勝手が良くなります。
ダイソンを壁掛けするには、収納ブラケットという掃除機をひっかけるパーツを壁や柱にネジ2本で固定せねばなりません。
賃貸は壁に穴をあけると退去時の原状回復が高くつきます。

収納ブラケットが固定できて掃除機を装着した時に倒れなければ良いだけの簡単な構造で済むので、DIYで自作されている方もいらっしゃいます。
私も自作しようと思いましたが、時間がないので今回は金で解決しました(笑)
また財布が軽くなった・・・


DIYで2×4材を突っ張る?



最初は、2×4(ツーバイフォー)材を買ってきてディアウォールで天井と床でつっぱろうと考えました。
2×4材というのは、”2×4工法”と呼ばれるアメリカの建築工法に使われる木材のことで、断面サイズが2インチ(38mm)×4インチ(89mm)の木材です。
ツーバイ材を壁際で突っ張ると家の柱のように見えるのでとても自然です。
木なので付属品を引っかけるフックも付け放題、釘もネジも打ち放題です。

アマゾンでも売ってますが、値段やカットを考えるとホームセンターの方がお得です。
長さにもよりますがホームセンターなら数百円くらいです。

ディアウォールは、2×4材の上下に付けるとバネの力で突っ張ってくれる便利グッズです。

よりガッチリ突っ張りたい場合は、バネとジャッキで突っ張るラブリコってのもあります。

ウチの天井は少し高さがあるので、突っ張るのに2.5m前後の木が必要となります。
2.5mの木はウチの車に入りきらないのでホームセンターで軽トラックを借りる事になります。

1.23mくらいで木を切ってもらって2本をジョイントして突っ張れば軽トラを借りなくても運べます。
個人的にジョイントはラブリコよりディアウォールの方が簡単な気がします。

でも、ジョイントパーツ分の出費と手間が増えます。
1本の木の方が強度出せそうだし、やっぱ軽トラ借りるか?
ホームセンター行って木を買って、切ってもらって、車借りて、家まで往復・・・
などと、考えていたら面倒臭くなってきました。
最近仕事が忙しいので、そんな暇があるならゲームがしたい(笑)

時間と気力がある方は2×4材とディアウォールやラブリコでやってみてください。
ダイソンに限らず、壁掛け式の掃除機をこの方法で取り付けている方も多いようです。
木の長さを間違わなければ割とガッチリ突っ張ります。
天井の強度にもよりますが、簡単に倒れてくることはないと思います。
建物が木造の場合は、梁(ハリ)が通ってるところに付けた方が安全です。

突っ張るだけでは不安という方は、賃貸でも壁に刺せる耐荷重の高いピンフックを使うのも手です。
ピンフックは釘が打てない場所への壁掛けフックとして売られている事が多いですが、木を押さえるように付けてやれば、もしもの時に少しは耐えてくれるでしょう。
2〜3つの穴がある金属製のピンフックなら耐荷重も大きく、木材を押さえるように加工が可能だと思います。
2つのピンフック間にロープや鎖を引っかけて、木が倒れなてこないようにしても良いかも知れません。
ピンフックは耐えられる荷重方向が決まっているので、方向や取付方法に工夫が必要です。

ピンフックは石こうボード用フックとして売られていますが、重い額縁を引っかけるために使われることも多く、額縁コーナーに売られている事もあります。
3つ穴の額縁用落下防止バネ付きピンフック(Xフック)は、強力で便利です。

ピンフック本来の使い方ではないので、ピンフックを押さえに使うなら自己責任で。

賃貸物件の壁へのピン穴は、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン 損耗・毀損の事例区分(部位別)一覧表」によると(ポスターやカレンダー等の掲示は、通常の生活において行われる範疇のものであり、そのために使用した画鋲、ピン等の穴は、通常の損耗と考えられる)とされています。
ただし物件によっては契約書に画鋲やピンの穴も禁止とかかれている事もあるようなので、不安な場合は家主や不動産屋へ確認しましょう。

私は面倒さに負けて、設置が簡単な掃除機用スタンドを買う事にしました。
壁掛けにするのが1番スマートで場所も取りませんが、仕方ありません。
出費が嵩みますが掃除機用として売られているので使い勝手は良いはずです。

掃除機スタンドがいろんな会社から出ています。
値段も形状も様々ですが、5,000円〜10,000円くらいのものが多いです。
いろいろ見た結果、購入したのはアマゾンで高評価のダイソン対応スタンド。
シンプルな構造で見た目もオシャレ。
他より安いのもイイ!
V8fluffy+には、7つの付属品が付いています。
付属品2個は収納ブラケット下に装着できるようになっているので、残りの5個をスタンドにセットする形になります。


スタンド組み立てはとっても簡単!


コードレスクリーナースタンドの箱はダイソンの箱にすっぽり入るくらいの大きさです。
梱包重量は4.1 Kgあるので、ずっしり重いです。
掃除機スタンド

組み立ては非常に簡単なので、女性1人でも出来ると思います。
1人でも組み立てられますが、2人居ると1人にパーツを押さえてもらいながらネジ止めできるので楽です。
組み立てに使う六角レンチと簡易スパナが付属しているので別途工具は必要ありません。
ネジ隠し用の丸いシールまで付いています。

ネジやボルトを10本くらい締めるだけなので、作業時間は大体15分くらいでしょうか。
ゆっくりやっても30分かからないと思います。

商品レビューに「ネジ穴が合わない不良品が来た」という書き込みが数件ありますが、私は全く問題なく組み立てができました。
組み立てで気を付けるのは、使うネジを間違わないようにするくらいです。
ネジの長さと個数でどれを使えば良いか判断できると思います。

箱の中に説明書は入っていません。
組立方法は箱裏に印刷されているので、組み上がるまで箱は捨てないように!

組み立てると横22cm×奥行き29cm×高さ127cmくらいになります。
スチール製なのでしっかりしています。
重さのほとんどは土台なので掃除機を引っかけてもグラつきません。

土台の裏に黒いゴムの滑り止めが付いています。
スタンド土台裏

土台上の中央に手前と奥を仕切るバーがあり、パッケージの写真では奥にダイレクトドライブクリーナーヘッドが置かれています。
V8fluffy+にはダイレクトドライブクリーナーヘッドが付いていないので、私はミニモーターヘッドを置いています。
スタンド上部

掃除機本体をセットするとソフトローラークリーナーヘッドが土台から左右1cm程度はみ出しますので、設置場所の左右に多少余裕が必要です。
掃除機スタンド幅

スタンドには収納ブラケット取付用にネジを通すための穴が用意されています。
このスタンドはV8以外のブラケットも取付可能で、各機種に合うよう上下2段階の高さで取付できるようになっています。
穴は計4個(1個のブラケット取付に2個の穴を使用)あります。
V8のブラケットを上段に付けようとするとスタンド上部にブラケットが引っかかり付きませんので、通常は下段に取り付けることになります。

仮組で下段にブラケットを取り付けてみると、ソフトローラークリーナーヘッドがスタンドの土台にベタ着きしました。
それが本来の取付位置なのですが、ヘッド内のブラシに本体の重さが加わって押しつぶされているのが気になりました。
ブラシに型がいきそうなので、少し浮かせるよう本来の取り付け位置ではない高い位置にブラケットを装着しました。
ブラケット装着位置
ねじ用の穴が空いているバー同士の隙間にネジを通しワッシャーを噛ませてボルト止め。
本来の取付位置ではないので隙間が大きく、この場所に取り付けるには別途ワッシャーが必要です。
私はたまたまサイズの合うワッシャーを持っていましたが、ホームセンターでバラ売りしてれば1個数円で買えると思います。
ワッシャーを噛ませてしっかりボルトを締めればブラケットがずれる事はありません。

この高さでブラケットを取り付けると土台にブラシが触れている程度になり、掃除機の重さがブラシにかからずに済みます。
ブラシはそう簡単に潰れないのでそこまで気にしなくても大丈夫かも知れませんが私はこうしてみました。

そもそもダイソンがスタンドを販売していないのが不思議です。
純正でかっこよくて使い勝手が良ければ少々高くても買う層は居そうなのになぁ〜などと考えていたらV10用の純正スタンドが出たという情報を見つけました。
調べてみるとダイソン直販でしか買えない「直販限定セット フロアドック付き」というものでした。


コンパクトさとデザイン性は良いですね。
ただ、収納時にいちいちパイプ外さないといけませんね〜。
付属パーツを使うたびにケースに戻すのも面倒そう。
かっこよさのために一手間、二手間増えるのが許せる方向けですな。

ダイソンのオンラインストアでは型落ち製品が安く売られていたり、キャンペーンで掃除機の下取りをやっていて他より安く購入できる可能性があります。
購入を考えているなら一度覗いてみては?

私は社外品の安物スタンドで良いです。
パイプを外さずに掃除機を収納できますし、付属品もスタンドフックに刺すだけで楽ちん。

スタンドについているフックは付属品の穴より小さめなので、そのままだと付属品が少しグラつきます。
グラついても落ちる事はないので問題ありませんが、ラップの芯などをフックに刺して、その上から付属品を刺すとグラつかなくなるそうです。

私はラップの芯は使わず、買ったときに付属品が入っていたビニール袋を利用してます。
付属品をビニール袋に入れてビニール袋の口をホースの中に押し込んでからスタンドに刺すとビニールがクッション代わりになりグラグラが抑えられます。
また、付属品の内部がスタンドのフックと擦れないので傷付きづらくなります。
掃除後付属品についた埃が床に落ちないというメリットもあります。
見た目はとっても貧乏くさいですが・・・(笑)

ダイソンの充電アダプタコードはそれほど長くありません。
近くにコンセントが無い場合は電源タップを利用する事になると思います。
スタンドはスチール製なので磁石付の電源タップがくっつきます。
私は磁石とスイッチ付の電源タップをスタンド横に縦に付けています。
充電が終わりダイソン本体のバッテリーランプが消えたのに気が付いたらタップの方で電気を切ってます。

家電量販店でも量販店オリジナルのスタンドが売られています。
基本的に作りは同じようなものですが、量販店のはちと高いです。
安くて使い勝手の良い山崎実業の掃除機スタンドをオススメします。


スタンドに収納ブラケットを取り付ける際の注意点


スタンドに収納用ブラケットを取り付ける際は、先に充電アダプターのコードをブラケットにセットしましょう!
ブラケット裏に充電アダプターのコードを這わせる溝があります。
先にスタンドにブラケットをネジ止めしてしまうと、コードをブラケット裏に這わせることが出来なくなります。

ブラケット裏にコードを這わせないままスタンドに取り付けると、ネジを緩めてスタンドからブラケットを外し、ブラケット裏にコードを通し、再度ブラケットをスタンドにネジ止めするといった二度手間になります。
これは私のリアルなミスですが、調べたら同じミスをしている方が結構いらっしゃるようでした(笑)

ブラケット裏にアダプターのコードを通したら、収納用ブラケットの表側に充電アダプターのジャックを取り付けます。
かなり強くジャックをブラケットに押し込まないと正しい位置まで入りません。

ジャックを押し込んでいるときグニューっと入っている内は差し込みが甘いです。
「パチッ」というまで確実にジャックをブラケットに押し込みましょう。
奥までしっかりジャックが入る時に本当にパチッと音がします。

充電アダプタジャック位置
これくらいまでジャックが入ります。

収納ブラケットへのジャック差し込みが甘いと、掃除機をブラケットに装着した際にうまく掃除機本体の充電ジャック差込口に入らず充電できない可能性があります。
そればかりか無理な力が加わりジャックまたは掃除機本体のジャック差込口が破損する可能性があります。
ジャックと穴が合っていないのに無理やり押し込まないように!

正確にジャックを取り付けられていれば、掃除機を収納用ブラケットに装着する時にブラケット側に付けられたジャック先と掃除機のジャック受け穴がピッタリ合います。


今回ご紹介したスタンドは非常に安定性の良いスタンドですが、大きい地震が来たら倒れると思います。
私は上で紹介したピンフックを壁に刺し、そこにロープを通してスタンドと繋いで大きな揺れが来ても倒れないようにしています。
特に廊下や玄関先など避難経路にスタンドを設置する場合は、何らかの転倒防止策を講じておきましょう。
安全第一!


posted by ユージュー at 04:37 | Comment(0) | 家電 掃除機