優柔不断流の買物道 > 糖質制限者に送る!コンビニ(ファミリーマート)の低糖質スイーツで美味いやつ
2017年06月24日

糖質制限者に送る!コンビニ(ファミリーマート)の低糖質スイーツで美味いやつ

スポンサーリンク



前回に引き続き、コンビニの低糖質商品です。
今回は、ファミリーマートで美味しかったものをご紹介します。

低糖質商品と言えばローソンというイメージですが、ファミリーマートにも低糖質シリーズがあります。
ライザップ(RIZAP)とファミリーマートが共同開発した商品が販売されています。
「おいしさにコミット!!」らしいです(笑)

サークルKとサンクスでも、ライザップコラボ商品が購入できます。

ファミマ記事タイトル

ファミリーマート(以下、ファミマ)の低糖質シリーズは、まだ知名度が低いです。
後発でも侮るなかれ、かなりクオリティーの高いパンやスイーツを出してます。
以前はスイーツ系しか無く糖質制限者にとってメイン使いが出来ませんでしたが、昨年から今年にかけて新商品のリリースが続き、徐々に種類が増えてきました。

現在は、主食となるパンの他にカレーやカップラーメンまであります。

糖質オフと言ってもカップ麺は糖質が高めです。
止めといた方が良いと頭では理解していますが、無性に食べたくなる時があります。
ファミマは、糖質制限者の気持ちを良く解ってますね。


ファミマの低糖質パン


今回も、低糖質パンから行きます。
ファミマの低糖質パンも普通のパンよりやや小さめですが、ローソンの凄く小さいブランパンシリーズと比べると食べ応えがあります。

その中で私が好きなのは、この「トマトとチーズのパン」です。

トマトとチーズのパンパッケージ

トマトの酸味とチーズのまろやかさがマッチしていてます。
パン質もスカスカでは無く、弾力があり噛みごたえがあります。
パンだけでお腹いっぱいにしようとするのは難しいですが、他におかずがあれば主食としては十分です。

ファミマのパン生地はローソンのブランパンより美味しいと思います。
低い糖質を求めるとローソン、美味しさを求めるとのファミマって感じです。

ファミマの低糖質シリーズの落とし穴は、エリストールなどの人工甘味料抜きの糖質量が大きく記載されている点。
このトマトとチーズのパンも「糖質8.6g」と大きく書かれていますが、小さい字で「エリストールを除いた糖質量」と書かれています。

ちょっとズルくね?と思ってしまいました。
通販番組で「個人の感想です」と画面の端に小さく表示されてるみたいな・・・
まぁ、エリストールを入れても12.2gなので、それほど糖質量が多いわけではありません。
頑張って糖質を抑えているんだから、もっと堂々と書けば良いのに。

1個当りの栄養成分表示は、こんな感じです。
エネルギー:122kcal
タンパク質:9.4g
脂質:4.7g
糖質:12.2g
食物繊維:3.6g
ナトリウム:302mg/食塩相当量:0.8g

裏の原材料名表示は、こんな感じです。
トマトとチーズのパン原材料表示

製造者は、敷島製パン株式会社でした。
敷島製パンと聞いてピンとこない方も、Pasco(パスコ)なら御存知のはず。
深津絵里さんが、美味しそうなパン屋さんをやっているCMでお馴染ですね。


食べた事はありませんが「チョコチップスコーン」が美味しいらしいですよ!
エリスリトールを除いた糖質量が19.8gもあるので、私は購入してません。
少し多い糖質量でも納得するボリュームと美味しさらしいです。
練り込まれたチョコチップの食感が素敵だとか・・・
スコーンとしては、かなり糖質が抑えられているようですが19.8gはちょっとね。

普通の「しっとりチョコチップスコーン」という商品もあるので、間違えないように!
低糖質版は、RIZAPパッケージになっています。

ファミマの低糖質パンは、オリーブオイルが使われておりトランス脂肪酸フリーです。
健康に配慮している風なのは良いですね。
発色剤やら保存料やらが入ってますから、あくまでも配慮している風です(笑)
ショートニングやマーガリンを使ってないだけマシなのは確かです。

そろそろ日本も海外並みにトランス脂肪酸表示をしてほしいものです。


ファミマのスイーツ


糖質制限者にとって禁断のスイーツですが、ファミマのスイーツも糖質が抑えられています。
ファミマが低糖質市場に参入してくれて、ほんと助かります。
どこにでも店があるので買い求めやすいです。

私が時々リピートして買っているのが「カスタードプリン」です。
なぜか公式ページには載っていませんが、店には置いてあります。

カスタードプリンパッケージ

あっさりした甘さで、濃厚なコクがあります。
プリンですがカラメルは入っていません。
底上げが激しい容器ですが、1個食べるとスイーツを食べた感があります。

エリスリトールを除いた糖質量が、7.0gです。
エリスリトールを含めた糖質量は、10.6gになります。

栄養成分表示は、こんな感じです。
エネルギー:184kcal
たんぱく質:2.9g
脂質:16.0g
糖質:10.6g
食物繊維:0〜0.4g
ナトリウム:35mg

原材料名表示は、こんな感じです。
カスタードプリンの原材料表示

製造者は、トーラク株式会社という会社です。
神戸プリンというオリジナル商品を出しています。
プリン系が得意な会社ですね。


がっつり甘いのが食べたい時は「レアチーズケーキ(ブルーベリーソース入り)」です。

レアチーズケーキのパッケージ

このスイーツ感!
スイーツは見た目も大事だと感じさせてくれる商品です。

高さが無い容器ですが、1個食べると満足感があります。
上に乗っているクリームは、爽やかな酸味があります。
最初はあっさり感じますが底までスプーンを伸ばすと、多めのブルーベリーソースがスイーツだという事を主張してきます。

レアチーズケーキの断面

上にクリーム、まん中にスポンジ、下にもクリーム、底にブルーベリーソースという重なり方で、なかなか凝った作りです。
この層によって、味の変化が楽しめます。
スポンジの厚さが、もう少し欲しいところ。

こだわってるな〜と感じるのが、上にちょっとだけ乗っているピスタチオ。
洋菓子屋さんのレアチーズケーキに乗ってるのを見かけますが、コンビニスイーツではあまり見かけません。
パッケージのシールで上からピスタチオが見えないのに、乗せているところが偉い!

ブルーベリーソースは、酸味がありつつ甘さが強いです。
ソースの中に入っているブルーベリーの粒が食感のアクセントになっています。

エリスリトールを除いた糖質量が8.2gです。
エリスリトールを含めた糖質量は、17.9gと少し高めです。
ソースがもっと甘くなくて良いので、エリスリトールを減らしてほしいかも。

栄養成分表示は、こんな感じです。
エネルギー:190kcal
蛋白質:3g
脂質:16.0g
糖質:17.9g
食物繊維:0.4g
Na(ナトリウム):114mg

原材料名表示は、こんな感じです。
レアチーズケーキの原材料表示

こちらの製造者は、株式会社デザートランドM3という会社です。
コンビニの洋菓子系デザート(カップ製品、シュークリーム、エクレア、クレープなど)を作っている会社です。


「濃厚チーズケーキ」は、オーストラリア産クリームチーズが使われたチーズケーキに、ミックスベリーソースが乗っています。

濃厚チーズケーキ

上に乗っているベリーソースが甘酸っぱく、チーズケーキと一緒に食べると丁度良いです。
濃厚チーズケーキのソース

凄く美味しい!という訳ではありませんが、安心して食べられる美味しさです。
濃厚と付けるほどでは無いかな〜とは思いました。
たまに買っても良いかなという感じです。

エリスリトールを除いた糖質量が、8.1gです。
エリスリトールを含めた糖質量は、9.3gです。
人工甘味料が少ないですね。

栄養値表示は、こんな感じです。
エネルギー:186kcal
たんぱく質:5.6g
脂質:14.5g
炭水化物:9.6g
糖質:9.3g
食物繊維:0.3g
食円相当:0.4g

原材料名表示は、こんな感じです。
濃厚チーズケーキ原材料表示

製造者は、栄屋乳業(さかえやにゅうぎょう)株式会社です。
古くからアイスキャンデーを作ってきた会社です。
最近は、シュークリーム、エクレア、チーズケーキなど「アンデイコ」ブランドでオリジナルスイーツも多く販売しています。
濃厚チーズケーキはミックスベリーソースですが、そっくりなカップレアチーズでマンゴーピューレが乗ったオリジナル商品を販売しています。

プリンは全部違う会社ですね。
同じカップデザートというカテゴリですが、種類によって違う会社が作ってます。


「Wクリームシュー(ホイップ&コーヒーカスタード)」も美味しいです。

Wクリームシューの原材料表示

大きさは普通、生地も普通のシュー生地と変わりません。
中のクリームが2層になっていて、軟らかめなホイップが上、コーヒークリームが下に入っています。
ホイップが軟らかめなので、食べるとこぼれ落ちそうになります。
コーヒークリームが少し苦めな味付けで、ホイップと一緒に口に入ると丁度良いです。

エリスリトールを除いた糖質量が8.8gです。
この商品は栄養成分表示に糖質が無く、エリスリトールを含めた正確な糖質が判りません。
炭水化物が18.0gとなっているので、恐らく糖質もそれくらいかと思われます。
ライザップコラボとして売っているのだから、成分表示は合わせて欲しいですね。

栄養値表示は、こんな感じです。
熱量:173kcal
たんぱく質:3.6g
脂質:13.3g
炭水化物:18.0g
ナトリウム:62mg

原材料名表示は、こんな感じです。
Wクリームシューの原材料表示

製造者は、ヨネザワ製菓株式会社です。
コンビニのデザートを主に作っている会社です。
埼玉に直営店「シュークリームハウスヨネザワ」があり、シュークリームやケーキが販売されています。
工場から出た不良品が安く買えるようです。


Wシュークリームも美味しいですが、もっと美味しいのが「レアチーズシュー」です!

レアチーズシュー

シチリア産のレモン果汁を使っているので、さっぱりした味わいです。
甘さ控えめで、酸味を感じるクリームが良い!

Wシュークリームに入っているホイップクリームは、かなり軟らかかったですがこちらは普通の硬さです。
レアチーズホイップクリームが多く、レアチーズカスタードは少なめでした。
2つのクリームのバランスが良いと思います。

エリスリトールを除いた糖質量が9.5gです。
この商品も、栄養成分表示に糖質がありません。
炭水化物が14.0gとなっているので、恐らく糖質もそれくらいかと思われます。

栄養値表示は、こんな感じです。
熱量:225kcal
たんぱく質:3.9g
脂質:18.7g
炭水化物:14.0g
ナトリウム:122mg

Wシュークリームと比べると、全ての値が増えています。
それだけ濃厚さが増していると感じました。

原材料名表示は、こんな感じです。
レアチーズシュー原材料表示

製造者は、Wシュークリームと同じヨネザワ製菓株式会社です。
ヨネザワのシュークリーム、美味しいです。

(※2017年11月8日追記)
先日、久々にファミマに行ったらライザップスイーツで新しいのを見つけました。
割チョコビターショコラケーキです。
割チョコビターショコラケーキ

開けてみると、表面に硬いチョコが乗っており、その下にスポンジのような荒いチョコムースがあり、その下にきめ細かいチョコムースという3層構造になっていました。
割チョコビターショコラケーキ中身
甘さ控えめな表面のチョコが美味しかったです。
中にあるムースは、それなりで良くある感じです。
全部がチョコ味なので、少し変化が欲しいかな・・・
チョコ感を堪能したい時には良いと思います。

栄養値表示は、こんな感じです。
エネルギー:203Kcal
たんぱく質:6.0g
脂質:14.9g
炭水化物:12.8g
糖質:9.6g
食物繊維3.2g
食塩相当:0.2g

原材料名表示は、こんな感じです。
割チョコビターショコラケーキ原材料
製造者は、ベリーソースが乗った濃厚チーズケーキを作っていた栄屋乳業です。

栄屋乳業のスイーツをもう1つ紹介します。
くちどけなめらかクリーム クリームワッフルです。
クリームワッフル

開封すると小さいワッフルが2個入っています。
こんがり焼けたワッフルが美味しそうです。
クリームワッフル開封
軽い食感のクリームが入っています。
甘さ控えめで美味しいですが、少し人工甘味料感を感じます。
小さいですが2個あるので、満足感はあります。
普通の小さめなワッフルです。

栄養成分表示(1個あたり)
エネルギー:71kcal
たんぱく質:1.8g
脂質:3.9g
炭水化物:9.8g
−糖質:8.1g
−食物繊維:1.7g
食円相当:0.1g
エリスリトールを含む糖質量:8.1g/個
エリスリトールを除いた糖質量:6.4g/個

1個あたりの糖質は少ないですが、2個食べるとそこそこの糖質量になります。
パッケージにある糖質8.1gという大きな文字に騙されないように!

原材料名です。
クリームワッフル原材料名
栄屋乳業は、ずっとライザップスイーツを手掛けていますね。

最近新発売されたライザップのミルクチョコレートプリンという商品があります。
期待しましたが、割チョコビターショコラケーキと違い正直おいしくありませんでした・・・
ライザップ監修のファミマスイーツは、どれも美味しいですがミルクチョコレートプリンは2度目は無いです。

ファミマのスイーツ、買えねーよ!


クオリティーの高いファミマのライザップスイーツですが、ローソンと同じく・・・
いや、ローソンより欲しいものが手に入りません!
ファミマは近所に3店舗あるので、時々見に行くのですが欲しいものが売ってません。

特にプリンやシュークリームは、無理ゲーというほど非常に手に入りにくいです。
売っているのを見た事がない商品もあります。

私が行く店では入荷していないのかも?と思いましたが、スイーツコーナーに商品名と値段が書かれたタグはあります。
もっと入荷しておいて欲しいなぁ〜。
毎日通うほど行ってないので見つけられないのかも知れませんが・・・

いつも売れ残ってるのは、抹茶プリンと抹茶シュークリームです。
デザートに抹茶感を求めている客が少ないのでしょう。

常温の焼き菓子「ふんわり食感バナナケーキ」と「ふんわり食感バウムクーヘン」も大体売れ残ってます。
バナナ味のケーキを食べたい人って、どれくらいいるのでしょう?
スーパーに行けば本物のバナナ5本が98円で買えます。
低糖質ではありませんが、ヤマザキの丸ごとバナナもそんな高くないです。

バウムクーヘンは、持ってみると非常に軽いです。
ローソンと同じくスカスカだとガッカリするので買っていませんが、バウムクーヘンで有名な香月堂が製造しているので美味しいかも知れません。

ファミマのSweets+というシリーズに「しっとりバウム」という商品があります。
同じ香月堂が作っていて、美味しそうです。
糖質が26g強あるので半分づつ食べるなどして、糖質を一気に摂らない工夫が必要です。

欲しい商品が無いので、仕方なく「抹茶シュークリーム」を買った事があります。
エリスリトールを除いた糖質量が7.5gで、エリスリトールを含めた糖質は17.2gの商品です。

抹茶系はテンションが上がらない私ですが、食べてみたら意外と美味しかったです(笑)
抹茶味のスイーツは抹茶がでしゃばり過ぎるものが多いですが、これは抹茶感はあるものの主張してこないのが良いです。
甘さ控えめな大人味といった趣でした。

あまりにも売れ切ればっかりなので、ちょっと愚痴になってしまいました。
失礼しました。


ファミマは今後に期待!


ファミマは、以前販売していた低糖質のブランロール(シンプルな丸いパン)など、幾つか商品の販売を止めています。
良い意味でも悪い意味でも、ファミマはフットワークが軽い気がします。

すぐにライザップコラボ商品を止めるとは思えませんが、今現在販売されている商品も、突然販売終了する可能性があると思っておいた方が良いでしょう。

このシリーズは現在どれを販売しているのか、製造を止めたのか、さっぱり解りません。
販売している商品を全部まとめて紹介している公式ページが無いです。
販売しなくなったという情報もありません。
不親切ですよね・・・

ファミマの低糖質商品は、まだキャンペーン扱いのようです。
ライザップはどうでも良いですが、ファミマ独自の低糖質シリーズとして定番化していただきたいところです。

ローソンと比べるとまだまだ商品は少ないですが、ファミマの低糖質シリーズは大体どれも美味しいです。
今後に期待しましょう!

スポンサーリンク

posted by ユージュー at 05:34 | Comment(0) | グルメ 糖質制限
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]