優柔不断流の買物道 > 糖質制限者に送る!コンビニ(ローソン)の低糖質パンとスイーツで美味いやつ
2017年06月22日

糖質制限者に送る!コンビニ(ローソン)の低糖質パンとスイーツで美味いやつ

スポンサーリンク



よく「糖質制限に慣れると甘いものが欲しくなくなる」と言われますが、私は甘いものが食べたくなります。
小さいころからスイーツ好きなので、きっと脳が忘れられないのでしょう。

私は普段から料理はしますが、スイーツは作りません。
そこで、普段あまり行かないコンビニのお世話になります。

ローソン記事タイトル

糖質制限商品と言えばローソンです。
糖質制限をしている方向けの品ぞろえが圧倒的に多いです。
ローソンさん素晴らしいです!

しかし店舗数が少なく、うちの近所には店がありません。
セブンイレブンとファミリーマートは、どこにでもありますがローソンは少ないです。
店が近所にあれば、もっと行くんですけどね・・・

他のコンビニは、低糖質商品に取り組んでいるか?

セブンイレブンはやる気ないみたいです。
セブンのサラダチキンは、ダイエッターに人気で一時ブームになったほどです。
その手の客が多いのに、セブンは低糖質商品を出していません。
真似と言われたく無いのかも知れませんが、低糖質分野に関しては完全に出遅れています。

ファミリーマートは、ライザップとコラボして低糖質商品を出しています。
きっと、知名度のあるライザップと組まなければ二番煎じになると踏んだのでしょう。
糖質制限者にとっては、ありがたいです。
ファミリーマートに関しては、次の記事で。


ローソンの低糖質パン


スイーツの前にパンです。
前記事まで、美味しい低糖質パンをホームベーカリーで焼くのに試行錯誤していました。
食感が悪かったり膨らまないなど、失敗の連続でした。
コンビニの低糖質パンは、どんなものか確かめるため色々買ってみました。

定番の「ブランパン」は、2個入りと4個入りがあります。
1個当りの糖質が2.2gと非常に少なく、カロリーは66Kcalです。
特に何も入っていないシンプルなパンですが、ブランを感じさせない口当たりです。

「ブランブレッド」は、1個当りの糖質量が7.3g、カロリーは219Kcalになります。
大きさがあるので、ブランパンより食べごたえがあります。
ブランパンでは足りない方に良いと思います。

4枚入りの「ブラン入り食パン」は、1枚糖の質量が少し高めで12.4g。
カロリーは133Kcalになります。
食パンは、ホームベーカリーを使っていない方に人気のようです。

これらのシンプルなパンは糖質量が低く抑えられています。
シンプルなパンが人気なのは糖質量の低さからでしょう。
ブランパンは、何かを挟んで食べるのに向いていると思います。
ローソンのブランシリーズは長年販売され続けています。
それだけ消費者から支持を得てきたと言えます。

非常に軽い口当たりですが、若干パサついてる印象もあります。
食感が大手パンメーカーの袋入りパンに近いです。
価格は量の割にちょっと高いな〜と感じます。


オススメは「ブランのハム&マヨネーズパン」です。
全ての商品を食べ比べてはいませんが、幾つか食べた中では美味しかったです。

ブランのハム&マヨネーズパン

実はコレ、凄く低糖質というわけでもありません。
味がついているパンは全体的に糖質量が高めです。
ブランのハム&マヨネーズパンは1個当りの糖質が6.2gです。
この「1個当り」という表現が曲者で、2個入りなので合計12.4gとなります。

合計量ではなく1個当りの糖質量を大きくパッケージに書いているのは、数値を低く見せるための戦略でしょう。
1個しか入ってないと思ったら2個入ってた!という商品もありますので気を付けてください。

このブランのハム&マヨネーズパンですが、小さいので食べ応えや満足感はありません。
女性には丁度良いかも。
それでも、お手軽さと美味しさで、たまに買っても良いかなとは思います。

1個当りの栄養成分表示は、こんな感じ。
熱量:134kcal
たんぱく質:4.3g
脂質:9.3g
糖質:6.2g
食物繊維:4.0g
ナトリウム:219mg

パッケージの裏にある原材料名表示です。
ブランのハム&マヨネーズパンの原材料

色んなものが入ってます。
1番目にマヨネーズが来てますので、量が入ってそうです。
毎日食べる方も居るようですが、健康を考えるとあまり口にしたくないものも入ってます。
賞味期限を長くするために仕方ないのでしょう。

ローソンのブランパンシリーズで使われているミックス粉は、鳥越製粉社製です。
鳥越製粉は独自に「パンdeスマートミックス」というミックス粉を販売しています。
ホームベーカリーで、お手軽に低糖質パンが焼けるのがミックス粉です。

パンdeスマートミックスとローソンのブランパンは配合が違います。
パンdeスマートミックスを買ってもローソンのブランパンは焼けません。

ブランパンシリーズの製造者は、山崎製パン株式会社です。
鳥越製粉の粉を使って、ヤマザキが作っているようです。


ローソンの低糖質スイーツ


ローソンのパンも良いですが、低糖質スイーツが有難いです。
糖質制限中はスイーツ厳禁です。
私は誘惑に負けて、たまにケーキとか食べちゃってますけど(汗)
ローソンの低糖質スイーツなら、罪悪感が薄れます。

スイーツも全種類食べてはいません。
いくつか食べた中で、美味しかったものをご紹介します。

「ブランのパンケーキ」はパンコーナーにありますが、ほぼスイーツです。
これ、美味しいですよ!

ブランのパンケーキ

ブランのパンケーキには、アガベシロップが使われています。
しっかり甘いですが、アガベシロップは低GI値なので血糖値が上がりにくい甘味料です。

アガベはメキシコや南アフリカの原産で、見た目はアロエに似ています。
アガベシロップはブルーアガベという品種の茎から作られます。
砂糖の1.6倍ほどの甘さがあるようです。
アガベシロップは身体に良いとか悪いとか・・・色んな噂があります。
テキーラの原料として使われているくらいなので、大量に摂取しなければ大丈夫でしょう。

パンケーキ部分は、パサパサしておらずフワフワです。
糖質制限中に甘いスポンジが食べたくなった時に良いと思います。

糖質は1個当り6.2gで、カロリーは95Kcalです。
この商品パッと見、1個しか入ってないように見えますが薄い生地が4枚入ってます。
2枚の間にシロップが挟まれたものが、2つ入っています
商品名の下に「2個(4枚)」と書いてありますが、見落としがちです。
2つ食べると12.4gになります。
小さいので、一気に食べてしまうと思います。


1個当りの栄養成分表示は、こんな感じ。
熱量:95kcal
たんぱく質:3.3g
脂質:5.0g
糖質:6.2g
食物繊維:6.1g
ナトリウム:121mg

パッケージの裏にある原材料名表示は、こんな感じ。
こちらもヤマザキ製ですね。
ブランのパンケーキ原材料



ナチュラルローソンシリーズのお菓子


「ブランクリームサンド」というお菓子もあります。
パンコーナーでは無く、お菓子コーナーに置いてあると思います。
他にも幾つか低糖質お菓子の種類がありますが、これは糖質量が少なめでオススメです。

ブランクリームサンド

クッキーにクリームが挟まったものです。
ビスコという昔からあるお菓子に似てますが、ビスコよりクッキーがザクザクしています。
甘さ控えめで、ちょっとだけお菓子を食べたい時に向いています。

パッケージには、4つのクリームサンドが確認できます。
これイメージじゃないんですよ・・・

ブランクリームサンドパッケージ

個包装されたものが、本当に4つしか入っていません。
すくなっ!

こちらは1袋(4個当り)の栄養成分表示になってます。
エネルギー:171kcal
タンパク質:3.9g
脂質:10.9g
糖質:7.5g
食物繊維:13.6g
ナトリウム:139mg
カルシウム:269mg
鉄:4.8mg

パッケージの裏の原材料名表示は、こんな感じ。
ブランクリームサンド原材料

同じシリーズで「ブランチョコクリームサンド」という商品もあります。
糖質が8.4gあり、クリームサンドより少しだけ糖質が高いです。

製造者は、宝製菓株式会社です。
ビスケットを昔から作っている会社です。


「黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ」は、超オススメです。

黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ

ザクザクとした噛みごたえが癖になります。
黒ゴマたっぷりで香ばしいです。
甘さが強くないので、大人のお菓子という感じ。

最初は「クリスプって何?」と思って買いましたが、今はリピート買いしてます。
ゴマが美味しい!

袋の中に、小さめの塊(アイスのピノくらいの大きさ)が10個くらい入ってます。
食感が良く一気に完食してしまいますが、多すぎず少なすぎず食べ切るのに丁度良いです。

チアシードは、南米原産のシソ科サルビア属であるミントの一種「チア」の種です。
たんぱく質、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄分、ビタミン、オメガ3脂肪酸、必須アミノ酸、食物繊維、脂質などなど、栄養素が豊富に含まれているので、スーパーフードと呼ばれています。

チアシードがお腹の中に入ると、水分を吸収して膨らみます。
満腹感が継続するので、空腹感を満たす事が出来ます。

1袋(35g当り)の栄養成分表示は、こちら。
エネルギー:171kcal
たんぱく質:6.0g
脂質:10.6g
糖質:9.7g
食物繊維:6.1g
ナトリウム:107mg
食塩相当量:0.3g

パッケージの裏の原材料名表示は、こちら。
黒ごまとチアシードのひとくちクリスプ原材料表示

製造者は、株式会社東ハトです。
キャラメルコーンなどで有名な、東ハトですね。
さすが東ハト、美味しく作られています。


残念なスイーツ


1つだけ、ダメだったのもご紹介します。
それは「ブランのバームクーヘン」です。

ブランのバームクーヘン

スイーツコーナーに低糖質ではない商品と一緒に置かれていることが多いです。
最近のコンビニスイーツはレベルが高いので期待してました。

これ、スッカスカでパッサパサです。
もう少し、しっとり出来なかったのかな?
口の水分が持って行かれモソモソするので、飲み物で流し込まないとキツイです。

旅行先のお土産屋さんに常温で置いてある、安っぽい箱入り菓子あるじゃないですか?
すごく日持ちするやつ。
まさしく、アレな感じです。

ローソンには申し訳ありませんが、私は美味しいと思えず失敗したと感じました。
見た目は美味しそうに見えますけどねぇ・・・
私の個人的な見解なので、美味しいという方が居たら申し訳ありません。

製造者は、コスモフーズ株式会社です。
プレミアムロールケーキを作っている会社ですが、バウムクーヘンは得意じゃないのかも。


低糖質アイスも売ってます


糖質制限中はアイスも食べられません。
アイスは糖分の塊ですからね。
そんな時に糖質制限者の味方であるローソンです。
ローソンに行けば低糖質アイスが買えます。

あまり知名度がありませんが、SUNAO(スナオ)というシリーズです。
2017年2月に販売が開始されたようですが、知ってました?

これはローソンブランドではなく、お菓子メーカーのグリコが出しているアイスです。
グリコのサイトを見るとスーパーやコンビニなどに卸しているようですが、ローソン以外に置いてる店はありませんでした。
ローソンなら、どの店舗にもあると思います。

SUNAOのカップアイスには、バニラ、チョコクランチ、ラムレーズン味があります。
最中アイスとしてチョコモナカ、ソフトクリーム型のアイスとしてバニラソフトが販売されています。
豆乳が使われており、どれも80kcalに抑えてあります。
糖質量は、各アイスによって違います。

オススメは、チョコクランチです。
SUNAOチョコクランチ

豆乳感は、全くありません。
これでカロリーオフなの?これで糖質が8.1gしかないの?と驚きます。
言われなければ糖質オフと気が付かないと思います。

糖質オフとは思えないほど、普通のアイスとして完成されています。
少し苦めのクッキーのような粒が良いアクセントになっています。
チョコと言うよりココアのような感じですが、濃厚な味わいです。

1個当たりの、チョコクランチの栄養成分表示
エネルギー:80kcal
タンパク質:2.3g
脂質:3.7g
糖質:8.1g
食物繊維:13.3g
ナトリウム:67g
ショ糖:0g

原材料名は、こんな感じです。
SUNAOチョコクランチ原材料

スクラロースとアセスルファムKが使われています。
人工甘味料の味に厳しい方は、気になると思います。
私は平気ですが、口に残る後味が嫌という方は居そうです。

ラムレーズンも美味しいです。
糖質は、8.3gです。
スナオラムレーズン

一口目にほんのり酒っぽい風味がします。
アルコールは飛んでいるので子供でも食べられますが、大人が美味しく感じる味ですね。

このシリーズの中で、1番糖質が低いのはカップのバニラ味で7.6gとなっています。
糖質が1gでも低いものをという方は、バニラを選んでください。
あっさりしていますが、ミルク感が強くて美味しいです。


SUNAOは税込159円なので、安いカップアイスより少しお高いです。
ハーゲンダッツよりはお安いです。
サイズは小さめですが、そこそこ甘いので満足は出来ると思います。


ローソンがない、商品もない!


ローソンの店舗が少ないのが痛いところなのですが、もっと痛いのが商品が無い事です。
わざわざ遠いローソンまで行ったのに、欲しい低糖質パンが置いていない事が多いのです。

欲しいものが無いというのは、うちの近所の店だけでは無さそうです。

ネット上にも「欲しいものが置いていない」という感想が多いので、どの店も数を入れてないのでしょう。
低糖質商品は買う層が限られているので、大量に入荷出来ない事情も理解できます。
廃棄になったら丸損ですからね。
コンビニもスーパーのように時間で値引きすれば良いのに・・・

ローソンが近隣に無い場合は、ローソンフレッシュが便利です。
ネットスーパーのローソン版で、ほとんど全ての商品が注文できます。
店に行ったのに欲しいものが売れ切れていた!という事がありません。

(※2018/06/29追記)
残念ながらネットスーパーのローソンフレッシュは、2018年8月末で終了となります。
配送料の高騰などで黒字転換することが難しいと判断したため、サービス終了となった模様。
これからはローソンフレッシュピックを推していくようです。
スマホで朝注文して夕方から店頭で受けとれるサービスです。
生鮮品をわざわざローソンで買う必要があるのかどうか疑問ですが、スーパーが近くにない方には良いのかも知れませんね。

広いローソンに行くと、店内のあちこちに低糖質コーナーがあって楽しいです。
糖質制限をしている方は、程度の差こそあれ我慢をしているはずです。
コンビニでは、あれもダメこれもダメという事が多いと思いますが、あれもこれも食べて大丈夫となる事で息抜きが出来ます。
糖質制限を続けるのに疲れたら、ローソンへ行ってみましょう!

レア物があるとつい買いたくなりますが、私は糖質が1個で10g以上あると躊躇します。
低糖質商品の中にも糖質が多い商品もあるので、糖質量をチェックしてから購入しましょう。

低糖質シリーズ商品は、糖質制限をしていない方にもオススメです。
今太っていなくても、太らないようにするという意味で使えると思います。
ごく一部の商品を除いて、大体の商品は美味しいですよ!


スポンサーリンク

posted by ユージュー at 17:28 | Comment(0) | グルメ 糖質制限
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]