優柔不断流の買物道 > バグだらけのファイナルファンタジー15をやったよ(ネタバレ無し)
2017年02月24日

バグだらけのファイナルファンタジー15をやったよ(ネタバレ無し)

スポンサーリンク



FINAL FANTASY XV(FF15)が終わったので、感想です。

今回も極力具体的なネタバレが無いようレビューします。
若干の情報は書かないと説明できないので、一切情報を見たくない方はスル―してください。

FF15パッケージ

FF15は、久々のナンバリングタイトルです。
FF13が2009年なので、7年ぶりに発売されたオフラインタイトルとなります。
FF14は、オンラインなのでナンバリングだけど別物です。

昔からやっているオールドファンとして非常に期待していましたが・・・正直、残念でした。
今回は、ちょっと辛口な感想になります。
叩きたい訳ではないので、勘違いしないでくださいね。

総ゲームプレイ時間は、大体180時間くらいでしょうか。
ほとんどのアイテムを取って、お使いも全部やったらこのくらいになりました。
寝落ちしたこともあるので正確には解りませんが、結構やってる方だと思います。
そこそこお使いやって、ストーリー進めるなら、かかって70時間くらいでしょう。

今回のFF15は、お使いゲームと言っても過言ではありません。
主人公のノクトは、王子という設定ですが、なぜか庶民にパシリとして使われます。
アレ退治しろ!これ取ってこい!これ集めろ!ってね。
極一部を除いて、お使いにシナリオは無く作業感たっぷりです。

そのお使いがレベルアップ作業の場となります。
レベルアップのためにウロウロして敵を倒すという稼ぎの代わりにお使いがある感じです。
お使いだけガンガン進めると、どんどん強くなります。
ストーリーに出てくる敵が弱すぎるいうバランス崩壊が起こります。

FFシリーズと言えば、キャラクターたちの葛藤、助け合いや裏切り、運命にどう立ち向かうかなど、日本のRPG代表みたいな存在です。
ドラクエとノリは違いますが、重厚なストーリーを楽しむといった点は同じです。
いや、同じでした、これまでは・・・

残念ながら今回のFFは、メインストーリーのボリュームが非常に少なくて短いです。
お使いのおまけにストーリーが付いている印象です。
なぜダメだったかは、後ほど。

オープンワールドですが、さほど広くないです。
拠点間を車で移動しますが、ドライブ中にやる事が無くボーっと観ているだけです。
この時間の退屈さったら無いです。

主人公のノクトの趣味は、魚釣りという設定です。
趣味ですが、イベントで強制的にやらされます。
釣りにもレベルがあって、レベルを上げないと釣れない奴も多いので、最初から大物を狙っても無駄です。
初期は道具もショボイので大物は釣れません。
特定時間だけに出てくる魚も居て、ここでもボーっと待つだけという無駄な時間を使います。

釣り、面白い?
う〜ん・・・つまんない。


ゲームを始めて直ぐにぶち当たるのがバグ!


今回のFF15は、バグだらけです。
これまでのFFには無かったバグの多さです。
ネット上にもいっぱいバグ被害報告があがっています。

スクエニ曰く「オープンワールドだからバグは仕方ない」だそうです。
んなこたー無いっての。
バグが少ないオープンワールドゲームいっぱいありますから!

対処方法があるものと無いものがあります。
ゲームをやる方は事前に知っておいた方が良いと思うので、私が経験したバグと対処方法を書いておきます。

・ブロックノイズバグ
戦闘中に仲間に技コマンドを指示すると、画面が切り替わった時にブロックノイズが出ます。
これは、長時間ゲームをした場合やスリープ復帰後に多く発生します。
きっとメモリ関係のバグでしょう。

(対処法)
この現象が出始めたらPS4のメモリをクリアするために、コントローラーのOPTIONボタンを押して、FF15をアプリ終了させます。
ゲームを再度始めると直っている場合があります。
それでも直らない場合は、セーブしてPS4を再起動します。


・討伐するモンスター(アイテム)が出てこない
ゲーム中、多くのモンスターの討伐依頼を受けます。
討伐依頼を受けて発生場所に行っても、討伐キャラが全く出てこない事があります。
原因は判りませんが、討伐自体が出来ないバグです。

(対処法)
敵が出る範囲表示(黄色い丸)の外に出て、セーブします。
一旦FF15を終了して、再度ゲームを開始します。
それでも出ない場合は、PS4の再起動です。
再起動する事で、敵のポジションがリセットされて正常に出てくるようになります。

余りにも度々起こるバグなので、敵が出ないと直ぐにバグと思ってしまいますが、夜間限定、日中限定となっている討伐もあります。
依頼を受ける際に、討伐条件を良く確認しておきましょう。
また、敵が出ないのと同じで出るはずのアイテムが出ないバグもあります。
実はバグでは無く、凄く解りづらい場所に落ちているだけのパターンもあります。

ホントこのバグには泣かされました。


・推奨レベルが低いのに、異常に強いモンスターが居るバグ
おつかい依頼の「鉱石探し」や「罠の回収」などで起こるバグです。
各依頼には、推奨レベルが表示されています。

プレイヤーは、それを参考に難易度を知り、依頼を受けるか判断するのですが、余裕のレベルなのに指定場所に行くと、到底倒せない高レベルの敵がうろついていて瞬殺されます。
モンスターが居る戦闘範囲では、アイテム回収が出来ないので、どうにも出来ません。

(対処法)
これも戦闘範囲から出てセーブした後、一旦ゲームを終了して再起動です。
時間と共にモンスターが初期位置からずれてしまうのが原因なので、リセットする事により、敵が再配置され居なくなります。


・モンスターが戦闘範囲外に出て全滅できないバグ
プレイヤーが攻撃するとモンスターが、押されて戦闘範囲外に出てしまう事があります。
また、モンスターの動きを管理しているプログラムがアホすぎて、勝手に戦闘範囲外に出て行く事もあります。
戦闘範囲を発生させた敵自身が、戦闘範囲外に出て行って戻ってこないバグです。

1匹でも戦闘範囲外に出っぱなしになると、範囲内の敵を倒しても全滅扱いになりません。
当然、いつまでも戦闘範囲が外れず戦闘が終わりません。
これが討伐依頼で起こるとやり直さねばならず最悪です。

柵などの障害物にモンスターが引っかかって戻れなくなるパターンが多いのですが、そうで無くても戻ってこない場合もあります。

(対処法)
単なる狩りなら戦闘を諦めれば良いだけです。
討伐依頼の場合、残念ながらゲームを継続したまま対処する方法はありません。

戦闘範囲外に居る対象の敵を倒せればクリア出来ますが、戦闘範囲から出た敵は体力がものすごいスピードで回復して行きます。
プレイヤーが相当強ければ1撃で倒せますが、そうでない場合はダメージ量より回復量の方が大きく倒せません。

ゲームを再起動すれば正確な位置に敵が再配置されるので、バグを抑える事が出来ます。
戦闘範囲ギリギリで戦うと、時折敵が戦闘範囲からはみ出てしまうので、なるべく戦闘範囲の中央で戦うようにするしかありません。


・モンスターを討伐しても依頼クリアにならないバグ
モンスターの討伐依頼で指定モンスターを倒すと、通常は「討伐完了」的な文字が出て、モンスター出現ポイントマークと戦闘範囲表示が消えます。
同時に戦闘中音楽も通常音楽に戻ります。

しかし、このバグが発生するとモンスターを倒しても「討伐完了」文字が出ません。
ポイント表示や戦闘範囲が消えず、戦闘中の音楽も鳴りっぱなしです。

モンスターをいくら探しても既に倒している判定されているので居ません。
しかし、討伐クリアにならない厄介なバグです。
強い討伐モンスターを時間かけて倒したのにクリアできず、地下も無いのにモンスター出現マークの横に下矢印のマークが出ていました。
何かのタイミングで、モンスターが地面をすり抜けて落下したのでしょう。

(対処法)
諦めるしかありません。
ゲームを終了してロードしなおしても、PS4を再起動させてもモンスターは出てきません。
町に戻って討伐依頼をキャンセルして、再度依頼を請けるしかありません。
2回目の討伐依頼を請けて、再度現地へ行くとモンスターが復活していて倒したらクリアできました。


・フリーズバグ
戦闘中に画面が突然止まります。
NPCと会話を始めた瞬間にノクトだけ固まって全く動かなくなった事もありました。

戦闘中フリーズも会話でのフリーズも、その後演出ムービーが読み込まれる瞬間に起きている事から、データの読み込み失敗が原因でぶっ飛んだ可能性があります。

(対処法)
諦めましょう。
フリーズが起こるとメニュー操作が出来なくなるので、何をやっても復帰できません。
セーブも出来ません。
ポーズだけは、なぜか出来る事がありました。

結局何も出来ないので、アプリケーションを終了するしかありません。
前回のセーブポイントまで戻ってしまいますが、仕方ありません。


・コースタルマークタワーで良く起こる床抜け
ゲームを進めるとコースタルマークタワーというパズル要素が強いダンジョンが出てきます。
そこで、キャラが床抜けするバグが良く起こっています。

狭いところで戦闘するのが良く無いのか、変化する地形が原因かは解りませんが、戦闘中いきなり床抜けしてプレイヤーキャラが地面下に落ちます。
画面が物凄い勢いで縦スクロールしたかと思うと、ダンジョン入口まで戻されます。
ダンジョンの奥まで行ってたのにこのバグが起こると、げんなりします。

(対処法)
恐らくありません。
シフトブレイクやマップシフトといったノクトが武器を投げる動作をしない事かな・・・
恐らく猛スピードで移動すると、狭いところでは壁判定を通り抜けてしまうのでしょう。
頑張って入口からやり直すしかありません。


このようにFF15は、やる気を削ぐ怖ろしいバグが数多くあります。
今作の敵はシガイと呼ばれるモンスターですが、本当の敵はバグです。

未完成状態で発売したと噂されていますが、デバッグしていないの?と思えるほど酷いものが多いです。
私は体験していませんが、ゲーム進行不能バグもあるようです。

アップデートで既に修正されたもの、今後修正されるものがあると思いますが、どれが対応されたかは判りません。

討伐依頼を受けて現地に行っても敵が出てこないバグを最初に体験した時は、出てこないモンスターを一生懸命探しました。
バグがあると解ってからも、モンスターが出ないバグなのか、解りづらい位置に居るのか判断できず随分無駄な時間を使ってます。
これ、何度も起こるから性質が悪い。


ストーリーがイマイチでした


終わった方の感想を幾つか拝見しました。
エンディングを見て泣けたという人も居ました。
想像力が逞しくて羨ましいです。

私的には「はぁ?」って感じでした。

ゲーム開始時には既に主人公のノクトが「クリスタルに選ばれている」設定です。
クリスタルに選ばれるとどうなん?
オヤジを含め王族全員選ばれてんの?
選ばれたら何が待ってるの?
この辺の説明が一切無く、背負った宿命が何なのかプレイヤーが理解する術がありません。

知らんところでクリスタルに選ばれていて、何か知らんけど覚悟覚悟って周りからドヤされ続けます。
主人公がグズグズ言うので何かに悩んでいるのは判りますが、何を怖がってるのか解らない状態で後半まで進みます。

序盤では良く解らんけど、話を進めれば解るようになるだろうと予想していました。
しかし、最後まで解らないまま。
エンディングを観てやっと何となく解りますが、完全に理解は出来ません。
多分こういう事なのかな〜程度には解ります。

ノクトが何に葛藤して、どう克服したのか、従者が熱い想いに至るのにどういう背景があるのか最後まで描かれませんでした。
勝手に主人公たちが仲たがいして、感傷に浸り、勝手に盛り上がっていきます。
プレイヤー置き去りパターンです。

ヒロインも然り、大事な定めを背負ったのだと思われますが、それが何なのかサッパリです。
何の役目をする人なのか、それを受け止める為にどれだけの辛い想いや悩みがあったのかという描写がありません。

このように、何か知らんけど煮え切らないキャラたちが、プレイヤーには知らされない良く解らん定めに悩みながらシナリオが進んで行きます(笑)

背負ったものの大きさに苦悩しているというのは会話イベントから見て取れます。
それがどれだけ厳しく辛い選択なのか、苦悩原因は何なのか、情報が無さ過ぎて共感のしようがありません。
これが、おいてけぼりの原因でしょうね。

24時間テレビのベタなお涙ちょうだいドラマの方がまだ良いです。
テーマがはっきり理解でき、共感できる部分も多くて泣けます。

平凡な日常に突然の病気、どうしようもない現状、それでも前を向いて生きるしかない、やりきれない気持ちを本人と周りがどうフォローし、乗り越えるか?
物語の基本設定がはっきりしていて、起承転結もしっかりあります。
2時間ドラマでも、登場人物の重要な過去は描かれます。

FF15は、基本設定が説明不足で、キャラの心情も全く表現できていません。
主人公の一族が背負った宿命、今回の世界の背景や歴史、敵の真の想いなどなど、きっと深い設定があるはずです。
そういった要素を、全く生かせていないのが、残念過ぎます。

良く解らんけど、気にしないようにして話を進めるしかありませんでした。

ストーリーというか世界設定で良かったのは、FF13のようなゲーム内難解専門用語がほとんど無かった事。
FF13は、「パルスのファルシのルシがパージしてコクーンが・・・」
おまえら何言ってんの?って感じでしたからね。

今回は敵モンスターの事を総称して、シガイと呼んでいるくらいです。
言葉は解りやすくなってるのになぁ〜。


冒頭にも書きましたが、ストーリーが凄く短いので話をガンガン進めると直ぐに終わります。
余計な事をしなければきっと1〜2日で終わるのでは。
少しストーリーを進めては、一般人の御用聞きをして、パシリをしばらくやる感じで進めるのが長く遊ぶコツです。
RPGなのにシナリオが短すぎる事から、他の要素で長く遊ぶ事を考えてしまうってのもどうかと思いますが・・・

私は観ていませんが、映画キングスレイブを見てからプレイすると少しは違うようです。
私が観てないからストーリーが良く解らず楽しめなかったのか?
そうなら映画のダイジェスト版くらいソフトに付けて欲しかったなぁ〜。


キャラクターも何だかなぁ


キャラの見た目から大学生のサークル?ホスト?みたいに感じます。
取りあえずノクトの前髪がウザイです。

まぁ、見た目はやっている内に慣れてきます。
最後まで慣れなかったのが、主人公の言葉使いや性格。
反抗期の中坊のようです。

主人公以外のキャラクターには個性が感じられません。
仲間の性格は見た目通りって感じですが、反応がワンパターン過ぎて魅力がありません。

1番嫌だったのが、主人公たちのやる気の無さです。
しょっちゅう、「だりぃ〜」「疲れたー」「休みてぇ〜」と愚痴を吐きます。
そんな愚痴を聞かされながらプレイしているとイライラします。
なんでこいつらの嫌々旅に付き合わされてんの?という気にさせられます。

全員熱血は暑苦しいですが、前向きで熱いキャラが1人居たら印象は変わっていたかも。

王の息子であるノクトも仲間も、何を考えているか良く解らん感じです。
序盤からやる気が無い感じですが、あるイベントからより鬱状態になるので、プレイしていて楽しくありません。

なぜか仲間がいきなり切れて来て、ヒステリックに怒られ、説教されるシーンがあります。
そのキャラが、なぜそこまでの気持ちに至ったかの経緯が無いので、理不尽にいきなり怒りだす意味不明な行動に見えてしまいます。
気持ちに抑えが効かない精神的な病なのかなって感じ。

主人公のノクトは、煮え切らない反抗期の中学生。
グラディオは、筋肉バカでヒステリック。
イグニスは、戦略家らしいけど戦略しないタダの料理好き。
プロンプトは、写真システム要員。

キャラの個性として感じられるのはこんな感じ。
これ以上でもこれ以下でもありません。

男の友情物語を描きたかったのだと思いますが、ただ一緒に旅してるだけで関係は希薄です。
それぞれのキャラが抱えている想いや悩み、過去の出来事などをしっかり描けていれば、魅力的に感じられたたと思います。


アクションとしては良いけど魔法や召喚獣の扱いが雑


今作は、これまでのFFシリーズには無いアクション性の強いゲームになっています。
海外はアクション性が必須なので、アクションゲーム寄りにしたのだと思います。

アクションが苦手な人でも出来るように、ボタン押しっぱなしで、勝手に攻撃してくれる親切設計です。
最初は、慣れずについつい攻撃ボタンを連打してしまいました。
シビアなボタン操作を求められる時もあり、アクションが全く出来ない方には辛い作りです。

そこそこゲームをやってきた私には、丁度良いアクション性でした。
アクションに関しては、ネット上でも概ね高評価です。
勝手に攻撃してくれるので攻撃1発の気持ち良さは少ないものの、キャラがキビキビ動くのでストレスがありません。

アクション一辺倒かと言えばそうでは無く、薬を使う時にウインドーを開けば戦闘が一時的に止まります。
戦闘が一時的に止まるウェイトモードという仕組みも用意されています。
ウエイトモードをONにすると主人公が動いていない時に戦闘が止まり、モンスターの弱点を調べられます。

アクションが得意な方は、ウエイトモードOFFにしてスピーディーな戦闘が楽しめます。
アクションが苦手な方は、ONにして止まっている間にゆっくり弱点を調べる時間が持てます。
この仕組みで、2つの遊び方が出来るようになっています。

ウエイトモードの悪い点は、度々戦闘が止まってテンポが悪くなるところ。
ゲームをやり始めた時は、度々戦闘が止まるのに慣れませんでした。

ウエイトモードをONにしないと敵の特性を読み取るライブラが使えないのはいただけません。
仕方なく、私はウエイトONで最後までプレイしました。


アクションは良いのですが、魔法は・・・
今回の主人公たちは、全員力任せに戦うパワー型の戦闘キャラです。
魔法使いというジャンルは無く、全員が魔法を装備できます。

装備という言葉から解るように、魔法はアイテムとして使うものになっています。
剣と魔法がベースののファンタジーと考えているとちょっと異質に感じると思います。

各地にある魔法の石から火・氷・雷のパワーを吸い取って、合成してやっと魔法が使えます。
何と合成するかによって、使える回数、パワーが増減し、魔法自体も変化します。

合成に関してゲーム中に専用イベントもなく、意味が解りませんでした。
合成方法は、攻略サイトを見ないと無理です。
私はアイテムが合成できる事に気がつけませんでした。

魔法を使わずとも、回復アイテムをがぶ飲みすれば力押しでモンスターを倒せます。
魔法をほとんど使わずクリアする事も可能でしょう。
魔法は、それくらい扱いが弱いものなっています。

固いモンスターを倒すのが面倒な時や、物理攻撃が効かない時に魔法を使うと、少し戦闘時間が短くなります。
しかし、魔法は一生懸命モンスターと戦ってくれている味方キャラにもダメージを与えるという糞仕様です。
魔法使うって時に避けないアホな仲間、これの何が面白いんだか・・・


魔法の扱いも酷いですが、より存在が希薄になったのが召喚獣です。
召喚獣はシナリオに絡んでくるのですが、戦闘で呼ぶ機会がほとんどありません。
主人公が危なくなった時に稀に助けてくれるという説明があり勝手に助けてくれそうですが、自動で出てきてはくれません。

戦闘に入って一定時間経過すると召喚獣を使用できるようになります。
その時、こっそりL2ボタン表示が出ます。
これが出ている時に、L2ボタンを長押しすると召喚できます。
一生懸命戦闘していると、他のボタンを押したりしているのでL2表示に気が付けません。

運良く気が付いて召喚しても、すぐ出てきてくれず少し待たされます。
その間に死んでしまう事も・・・
1回呼ぶとしばらく出てきてくれない使えねー奴等です。

召喚方法に関しては、完全にシステム的な失敗です。
召喚する方法に気がつけずに終わる方も多いのではないでしょうか。

今回は、召喚獣の種類も少なく、出てくる召喚獣も選べません。
召喚獣の演出などは、これまでのFFシリーズの上を行く迫力で、凄く良いのにもったいない。


今回の戦闘は、アイテムがぶ飲みが正攻法になっています。
序盤は、金が全然足りないのでそれもできませんが、後半は金が余るので常に回復アイテム90個以上で戦闘に挑む感じです。
ここまでモンハン的なのは、FFに求めて無いんですけどねぇ。

非常に面倒だったのが、仲間の回復です。
強敵と戦うと、敵の一撃で仲間がバンバン死にます。
回避しろよ!って感じですが、アホだから回避しないで直撃を受けて死にまくります。

その度に回復アイテムを消費せねばならず、非常に煩わしい戦闘を強いられました。
戦闘指示も出せないのに、勝手に死にまくります。
面倒になって死んだまま放置する事も・・・

戦闘が終わると、「大変だったねー」などと言いながら生き返ります。
おまえら死んでたよな?

そして、散々回復してもらっといて「いつまで守られる側に居る?」と暴言を吐かれます。
うざ過ぎて「仲間から外す]コマンドが欲しくなります(笑)


戦闘の操作パターンは、3種類から選べます。
これから始められる方は、コントローラ―のボタン設定を「パターンB」がオススメ!
最初から設定されているパターンAだと攻撃と防御が右手でしか出来ません。
パターンBは、右手で攻撃、左手で防御が可能なので咄嗟に反応できます。

よって、パターンBが良いと思われます。

最初から操作パターンBで慣れとくのが良いです。
私は途中で変えたので慣れるまで時間が掛かりました。


もう少し気持ち良いシステムに出来なかったかな〜?


今回のFFは、戦闘が終わっても直ぐに経験値が反映されません。
戦闘すると経験値は溜まりますが、宿に泊まらないとパラメーターに反映しない仕組みです。
いちいちキャンプしたり宿で休まないとレベルアップしないのは面倒でした。

あるアイテムを魔法調合に使い、経験値が数倍になる宿に泊まると、簡単に最高レベルまで行ってしまいます。
最高レベルでも、すっげー強く無いのが残念なところ。


料理でパラメーターアップするのも面倒くさいなーと思いました。
武器やアイテム装備でもパラメーターは上がりますが、料理を食べると一定時間各パラメーターが強化されます。
そのパラメーターアップを見越して推奨レベルが設定されているので、料理を食わずにダンジョンに入ると痛い目に遭います。

食事によるパラメーター変化は、時間制で一定時間で効果が切れます。
効果時間がメーターとして表示されるので見やすいのですが、広いダンジョンを探索しているとボスと戦う辺りで丁度効果が切れます。
ゆっくり探索したいのに、効果時間を気にして焦らされるので楽しくありません。


評判が最悪の13章


FFが何章まであるかは書きませんが、評判がすこぶる悪い13章について一言。

13章が酷いという悪評がネット上に溢れています。
それを受けてスクエニは「短期目標として13章のゲームプレイの満足度をさらに高めます」と発表しています。

私もプレイ前から13章がヤバイという記事を目にしていました。

「一部の人が騒いでるだけでしょ!」と思って気にしていませんでしたが、実際やってみると確かに「なんだこれ?!」でした。
違うゲームになるというか、ストレスしか無いと言うか。
無駄に長いし・・・

怒ってるひとの気持ちが少し解りました(笑)

1つのイベントとかお使いであれば、文句出なかった気がします。
ただ、そこまで目くじら立てるほどでも無いかな。


んで、結局面白かった?買い?


面白くなかったとは言いませんが、人に勧めるほど面白いかと言われると微妙でした。

金が掛かっている大作感はあります。
画面も綺麗でした。
「高画質モード」が選べるようになって、ジャギが軽減されたのも解りました。
魔法などに不満はありますが、戦闘はそこそこ楽しめました。
大規模な戦闘シーンで圧倒される場面もありました。

ただね、肝心のメインストーリーが短い!そしてあんまし面白くない。
最後まで消化不良な感じ。

男性キャラたちに魅力がなくてどの辺のターゲットを狙ったデザインなのか良く解りません。
ボーイズラブ系好きには受けてんのかな・・・
女性キャラは綺麗どころが居ますが、見せ場も絡みも非常に少なかったです。
話を広げられるとこがいっぱいあったのに、もったいないなー。

オープンワールドならではの地域性や特色も無いに等しかったです。
フィールドは広いけど世界が狭いというか、ある地域の出来事って感じです。

開発はフィールド作るだけで疲れたんでしょうか?
戦闘以外は、全て未完成な印象です。

クリア後のやり込み要素も頑張って半分くらいやりましたが、私はもうお腹いっぱいで要らないって感じです。
FF15の世界観に浸っていたいとは思えず、面倒くさい方が大きくてやる気が起きません。

何だかんだ言って、総プレイ時間で180時間もやってますし、その内の80時間くらいは楽しく遊べたと思います。
ほとんどお使いと探し物ですけどね。
ストーリーも中盤までは、言うほど悪くありません。

これらを総合した結論は「安ければ買ってもいーのでは?」です。
オススメもしませんが、否定もしません。

不味くは無いけど美味しくも無い、量が足りなくて腹が満たされない、もっと色んな料理が食いたかった、評判の店だけど言うほど美味い?でもまぁ、行ったら食べるしかないか。
そんなレストランに行った気分になれます。


今後のアップデート


スクエニは、今後の中期目標として、ゲーム後半の演出を強化とストーリー満足度を高めると言っています。 

長期目標として、ゲーム本編に登場した重要キャラクターたちをプレイアブルキャラとして使えるようにするらしいです。
オリジナルキャラを作成して遊べるアバターシステムの追加を検討しています。 
そのほかにも、プレイヤーの皆さんが長期にわたってFFXVを楽しめるようアップデートを積極的に続けていくそうです。 

中期とか長期とか意味が解りません。
発売後なのにまだ作るの?って感じです。
演出強化やストーリー満足度を高めるってのも、未完成だったので直しますって言ってるような印象です。
延期までしたんだからマトモな製品にして出してほしかったです。

ニュースによると、開発の70%が残って無料アップデート、ダウンロードコンテンツ、VRを開発中だとか。
混乱魔法で正気を失ってるのかな?

バグは潰すべきですが、それ以外は手遅れでしょう。
とっとと次の作品に注力した方が良いと思います。
サブクエストやイベントを増やして、追加コンテンツで稼ぎたいのは解りますが、それほど儲からん気が・・・


1.04のアップデートで期間限定公開されたチョコボカーニバルはやりました。
無料の割には長く遊べましたが、面倒なお使いが詰め込まれた印象。

そして、先日1.05のアップデートがありました。
ニーアオートマタのコラボで音楽2曲追加。
PlayStation4 Proの軽量モードで最大60fps対応。
タイムドクエスト(期間限定クエスト)の追加。
レベル上限を99から120まで引き上げ。
写真の保存枚数上限が150枚から200枚に増加。
チョコボ騎乗中にミュージックプレイヤーが使用可能。
このような内容です。

60fpsは、発表していた予定より随分遅れましたね。
プレイしてみると、ヌルヌル動いててなかなか良かったです。
ただ、本編のプレイが終わっている人には今更感しかありません。

期間限定クエストとか、やっぱりオンラインゲームと勘違いしてるのかな・・・
レベル上限引き上げもオンゲーのやり方です。
そもそも製品版で上限を設けた意味が解りません。

今後もアップデートは続きそうですし、サービスパックも増えるでしょう。
ある程度バグを潰してるはずなので、始めるなら今が丁度良いタイミングかも知れません。
その内全部入りが出ると思いますが、まだまだ先でしょう。


隠されたオープンワールドマップが実は今の数十倍ある?


ネット上である動画が話題になっています。
閉じられているマップがあるというのです。

やり方は知りませんが、バグ技を使って行けるとこまで行ったようです。
本当は、あそこもあそこもオープンワールドで行けたのか・・・
マップがそれなりに作成されている事から、本当はもっと広大なオープンワールドが予定されていたのかも知れません。
開発予算の関係で、色々バッサリ切られたのだろうとの噂です。

ストーリーが短いと何度も書いていますが、中盤以降は非常に駆け足で話が進みます。
シナリオやイベントなどの多くを端折って完成させた感があります。

隠された広大なマップにイベントが散りばめられていたら、もっとキャラの背景も深く描けていたと思います。
FFらしい長い旅だったと思えた事でしょう。

発売前には物凄く広いオープンワールドと言われていたので期待しすぎていました。
意外と狭くてガッカリしている人は多いと思います。

隠されたオープンワールドが事実であれば、非常にもったいないですね。


スポンサーリンク

posted by ユージュー at 05:11 | Comment(6) | ゲーム PS4
この記事へのコメント
ブラザーフットを観ないと
それぞれの関係性は分からないですね。
確かに、説明不足。
Posted by なかぞの at 2017年04月03日 13:30
コメント有難うございます。

面白くない訳じゃないんですけどね〜。
惜しいというか、もったいないというか。

ブラザーフット観てみます。
Posted by ユージュー at 2017年04月06日 23:19
突然、サブイベント遂行中、停止になっている。猫が固まって掴むイベントがサブ全体イベント中停止する。
Posted by at 2018年08月28日 23:35
急に、サブを遂行中、行けなくなった。
欧米との違いも水増しでは?
Posted by at 2018年08月29日 08:31
バグが多いとやる気が失せた。近所の行き付けの喫茶店のマスターにも「それ、大丈夫?」と心配されました。
Posted by at 2018年08月29日 09:09
コッチは金を支払ってる、更に自分達の失敗を明らかにトップの「始めはこんな物」モニターにされているのはトップの発言でも明白で明らか、此れほ明確な人権侵害の憲法違反で告訴可能。
Posted by at 2018年08月29日 16:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]