優柔不断流の買物道 > 風呂フタのカット
2016年06月16日

風呂フタのカット

スポンサーリンク


バスルーム

大した技術も無いですが、時々DIYしてます。
所謂、日曜大工ってやつです。

面倒なので本当はやりたくないですが、お金が無いので必要に駈られてやってます。

出来る限り簡単に、出来る限り安く、出来る限り使い勝手を良くするのが目的なので、既成品を改造することも多いです。
既成品の改造程度でDIY?と問われると、ちょっと違う気もしますが、カテゴリの括りとしてDIYとしています。

改造でも作れないものはホームセンターに行って使えるものを探して作ります。
素材買ってきて切ったり穴空けたり塗ったりは、非常に手間と時間が掛かります。
DIYが趣味のお父さんでは無いので、フルスクラッチは年1回やるかどうかです。
住宅事情的に音が近所迷惑になるので、なかなか出来ない事情もあります。

どうしてもという時は、やりますので最低限の道具は持ってます。
ちょっとしたものなら、意外と100均のDIYグッズも使えます。

私がやってる事は、プラモデルの延長レベルです。
大した事をやっていないので、本格的にやっていない方でも参考になるかなと思います。

費用対効果を考え金を惜しむか、手間を惜しむかですね。

風呂ふたって高いのね


今回は、風呂のフタです。

ずっと使っていたのは、クルクル巻くタイプの風呂ふたでした。
長く使っていたせいで曲がる部分のゴムが切れました。

随分前に1か所切れていましたが、そのまま使っていたら2か所切れてフタが4分割されてしまいました。
もう、限界なので新しくする事にしました。

今まで使っていたものと同じ型を調べてみたら、パナソニック製でなんと9000円くらいします。

たっけぇーーーーっ!!

風呂のフタなんて、高くても3000円くらいだと思っていました。
たかが風呂のフタで9000円も出したくないです。

しかも、抗菌じゃ無いし。

サイズが無い!


うちの風呂フタは、幅が62cmです。
探してみると既成品で安いのは、65cmが1番小さいです。

INAXとか東プレなどのメーカー品は、殆どが70cmからです。
最近のお風呂は大きいようです。

ネットを回って調べると、聞いた事の無いメーカー品で安価なものもあるのですが幅が5cm単位です。
65cmが一番希望サイズに近いのですが、うちの風呂はバスタブの端にカランが付いている構造なので、引っかかってしまいます。

ホームセンターに行くとロールで売っていますので、欲しい長さで買えますが幅の選択肢がありません。
もう、どうせっちゅーのよって感じです。
私と同じ想いをされている方も多いのではないでしょうか。

仕方ないので、既成品を購入してカットする事にしました。

お値段以上


近所のホームセンターに行って既成品の風呂フタの値段を見ると3800円くらいでありました。
抗菌素材でカビを抑えるタイプは5000円くらいします。

お値段以上のニトリに安いのあるかも?と思い行ってみると、クルクル巻くタイプとパタパタ畳むタイプがありました。

一応「抗菌」と記載があり、値段は2500円ほど、さすがニトリっす!
ホームセンターのロールものが、長さで量り売りしていますがそれより安いです。
幅や長さが違うと若干値段が変わりますが、うちの場合は70cm幅でこの値段です。

きっと抗菌は、一瞬で効果が無くなる程度のものだと思いますが、無いよりは良いです。
作りは荒いし精度が無く安っぽいので「お値段以上」とは思えませんが、安さ優先なので十分でしょう。

今回はカットする前提なので、切りやすい折りたたみタイプにしました。


加工手順


ニトリの折りたたみ風呂フタはポリプロピレン製です。
それほど硬い素材では無いので、アクリルカッターでなくても切れます。

購入したフタの幅が70cmなので、8cmカットして62cmにします。
下に傷が付いても良い板を敷き、アルミ定規を当てて普通のオルファカッターでガシガシ切りました。

カット時間は、枚数がありますので20〜30分くらいは掛かると思います。
女性だと、力が無いのでもう少し掛かるかもです。

金ノコを使っても切れますが、切り粉が撒き散らされますし、断面が汚くなるのでカッターが良いと思います。

こういう大きめのカッターが力が入りやすくて良いです。

カッターを入れる際には、アルミ定規が便利です。

フタをカットすると断面はこのような格子状になっています。
風呂フタ断面

カットした断面が鋭利なのと、バリが出るので軽くヤスリをかけましたが、2〜3枚やったところで面倒になりました。

ポリ素材は高熱で溶けますので、ハンダゴテを熱して断面を撫でるように軽く当てみました。
結果は、ヤスリより断然早くカット面の角を簡単に丸められました。
繋ぎ目ゴムのカット面も熱で丸めてやり、切れづらくしてやります。

ハンダゴテの熱は、300度くらいになるので断面の尖っている部分に軽くスッと滑らせる程度で良いです。
同じ場所に1秒も当て続けると必要以上に溶けちゃうので注意してください。

ポリプロピレンの融点は168度とされていますが、耐熱温度は100度くらいなので、その辺りから柔らかくなって行くようです。
300〜440度が発火点とされています。
ほんの一瞬ハンダゴテを軽く擦る程度なら300度以上になりませんので、突然燃え出す事はないでしょう。

必要無いと思いますが、心配な方はバケツに水を用意しておいてください。
やけどなどに注意して作業してください。


さて、問題はフタ横に付いているパーツです。
カットした部分からサイドパーツを取らねばなりません。

サイドパーツとは、この赤い部分でフタの断面をこのパーツで塞いでいます。

サイドパーツの位置
カットしたフタの一部からサイドパーツを外すには、ラジオペンチをフタの横から突っ込み、板を挟んでねじってやればバキバキ割れます。
フタの断面からペンチを突っ込んで、ねじって割る感じです。

私はそうやってサイドパーツを外しました。
サイドパーツをペンチで挟んでしまうと、大事なパーツが割れますので、要らないフタ部分だけを掴むようにしてください。

取りだしたサイドパーツは、このような形状です。
サイドパーツ形状
赤丸部2か所に接着剤が付いていて、外れないようになっていましたが、ラジオペンチを使って不要部分を割ってやると簡単に剥がれます。
接着剤のカスがサイドパーツに残るので、カッターで切り落として綺麗にしました。

サイドパーツをフタ本体横の隙間に突っ込めば、はまります。

一応外れないようにポリプロピレン用の接着剤を付けてからはめます。

ポリプロピレンは、接着不能素材と言われていて、普通の接着剤では絶対くっつきません。
ポリプロピレン専用の接着剤を買いましょう。

ボンド ウルトラ多用途SU プレミアムソフト クリヤー

こちらは、耐熱性と耐水性がある接着剤なので、風呂フタに丁度良いです。
温度も-30度〜80度まで対応しています。

ネットでは460円くらいで買えますが、私はホームセンターで買ったので600円ほどでした。
これにしか使わないのであれば、10mlサイズで足りると思います。

いくらポリプロピレン用接着剤と言っても、接着が難しい素材なので接着強度は低そうです。
常に力が加わる場所でも無いですしサイドパーツをフタの断面に押しこむと、そこそこキツイので大丈夫でしょう。

サイドパーツに接着剤を付けてフタの断面に押しこむと、接着剤がはみ出すと思います。
3時間ほどすると接着剤が乾いてきますので、はみ出した接着剤部分に消しゴムをかけてやると綺麗に取れます。


(※2018年7月2日追記)
当記事を書いて2年、サイドパーツが幾つか剥がれてきました。
接着が弱まり指で軽く引っ張ると外れてしまいます。
ウルトラ多用途SUは耐水性があるはずですが、2年で接着力がなくなりました。
意外と耐久性がありませんね・・・

完全に接着するため、評判の良いセメダインPPXセットを購入しました。
この接着剤は、ポリエチレン、ポリプロピレン、シリコーンゴムなどの難接着素材同士を接着する商品です。
セメダインPPX

他の瞬間接着剤との比較はこんな感じ。
セメダインPPX 比較

使い方は、プライマー(下塗り塗料)を先に接着面に塗ります。
プライマーはフェルトペンなので、デコボコ面には塗りにくいです。
セメダインPPX 使い方
接着する側と接着させる側にプライマーを塗り、1分以内に接着剤を付けて貼り合せます。
接着剤は瞬間接着剤なので10秒くらい固定すればくっつきます。
実用強度まで固まるのに30分必要と書かれています。

風呂フタのサイドパーツも10秒くらい押さえておけばくっつきます。
実際にお風呂で使う時は、念のため接着後1時間くらい待ってからにしましょう。

難しいのがプライマーを塗って1分以内に接着剤を付けて接着しなければならないところ。
ゆっくり作業しているとすぐに1分経過してしまいます。
また、プライマーが無色透明なので塗れているかどうかが判りづらい。

素早くサイドパーツの爪にプライマーを塗る、間髪入れずサイドパーツを付ける蓋本体の内側にもプライマーを塗る。
塗り終わったら直ぐに接着剤をサイドパーツの爪に塗布して風呂フタ本体に取り付ける。
この一連の作業を素早く行わなくてはなりません。

何個かやると慣れてサイドパーツにある全ての爪にプライマーと接着剤を付けることができると思います。
プライマーを塗って1分以上経過したら再度プライマーを塗りましょう。
数か所の爪だけ接着しても強度は問題ないと思いますが、また取れるのが嫌なので私は全ての爪を接着しました。

焦ってやるとサイドパーツを押さえている指ごと風呂フタに接着してしまいます。
サイドパーツを風呂フタに取り付けたら1度指を離してくっついていないか確認した方が安全です。
また、接着剤が指に付くとなかなか取れません。
接着剤を指につけないよう注意してください。

PPXを使った結果、ガッチリ接着されました。
ウルトラ多用途SUプレミアムソフトは乾燥してもゴムのような質感で頼りないですが、PPXは瞬間接着剤らしい強さで接着されます。
外したサイドパーツからウルトラ多用途SUを全部カッターでこそぎ取るのが面倒でした。
最初からPPXを使っておけば良かった・・・

セメダイン ポリエチレン ポリプロピレン シリコーンゴム 専用接着剤 PPX 6gセット CA-522
ネット通販なら900円前後で購入できます。
ホームセンターでは1,080円くらいかな。

風呂ふたの幅が丁度良いサイズになりました。

風呂フタは、有名メーカー品も無名メーカー品も同じような形状です。
もし、幅の問題がある場合は加工されてみてはいかがでしょうか。

ニトリ風呂フタ2500円+ウルトラ多用途SU600円=3100円です。
ニトリ風呂フタ2500円+セメダインPPX900円=3400円です。
接着剤を失敗しなければ、まぁまぁ安く上がります。

言うまでもありませんが、DIYは自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

posted by ユージュー at 00:24 | Comment(0) | DIY 水周り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]